COLUMN

CLOSE

『ブリッジは危機管理能力に長けている?!』

 

 

危機管理能力と言えば聞こえはいいのですが、弊社スタッフに「極度の心配性」がおりまして・・・。

そんな彼は、

会社を出る時に、必ず忘れ物がないか聞いてくれ、

データ入稿の時は、3度、4度と確認をしてくれます。

本当に頼もしい。

 

ここまではいいのです!

 

 

彼は以前、鳥にフンを落とされた苦い経験から、外では常に上を向いて歩いています。

電車を待っている間は、線路に突き落とされないか心配で常にキョロキョロしています。

逆に挙動不審で、とても怪しいです。

 

そして常に最悪の事態を想定しています。

電車の中で刃物で切りつけられた事件を耳すると、どう対策するべきか相談されます。

そんな時は、

「常に防刃チョッキを着ておく?」「それとも護身術を習ってかわそうか?」 などと、

一緒に対応策を考えてみます。

 

仕事の時もまさにそうで、

どうすればお客様にとって1番いいかを一緒に考えます。

 

ブリッジの場合この極度の心配性が、仕事面でかなり良い方向に働いていると思います。

二重、三重のチェック体制、最悪の事態まで想定したリスクマネジメント。

 

弊社スタッフが打ち合わせに出向いた際に万が一、

キョロキョロしていた場合は、「ここは大丈夫だよ、安心して良いんだよ」と

是非お声掛けをお願い致します。

  

~お客様が安心して仕事を任せられる会社~

『株式会社 ブリッジ』

 

ただの心配性ではなく、ミスを事前に防ぐ「危機管理能力」とさせて頂きます。

 

 

また他のスタッフも紹介していきたいと思います。